So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ラジオドラマ『馬が逃げた』(10分) [youtube]


 八月、九月はあるラジオドラマのコンテストのために、シナリオを書き、配役を決め、録音しMP3のデータをCDに焼いて送った。そのシナリオとは、『北海道の思い出―ある家族の戦後16年』(東京図書出版2015)の一つの章「兎馬の逃亡」を脚色したものだった。北海道の生活や思い出がテーマ、という指定があったため、この話を直ぐに思いついた。
 今回は、コンテストの結果が発表され、残念ながら落選となったので、今回Youtubeでの公開をすることにした。応募したのは音源でCDだったが、両親の北海道の思い出なので、両親にビデオでみせられるように静止画をいれて、映像作品にしておいた。それを今回、Youtubeにアップロードして公開することになった。

 配役については、博労(伯楽)と占い師は、北海道出身の姉の夫を想定してシナリオを書いた。義兄には北海道弁の方言指導もしてもらい、シナリオの北海道弁をよりリアルした。ナレーション、妻、牧師の役は、教会の人々にご協力頂いた。その配役を調整してくれたのが、姉。録音編集に際しては、MP3への変換ソフトがなく困っていたら、兄が協力してくれた。


 この場で、ご協力下さった方々に改めて感謝します。ドラマの制作というのは、一人で出来る仕事ではないので、改めて人の大切さを感じました。感謝。
nice!(40)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

ドキュメンタリー映画『主戦場』(しんゆり映画祭)を見に行く [日記・雑感]

今日11/4は、しんゆり映画祭実施中のアルテリオへ行き、話題作『主戦場』を観てきた。映画『主戦場』一部の出演者がミキ・デザキ監督を提訴する可能性もあり、川崎市がそんな訴訟を回避するために、結果的に上映中止を一旦決めていたものだ。
 理由は下記の通り
 >>>>
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12176-339737/
https://www.main.siff.jp/release

同映画祭は「市民ボランティアの手により」行われており、「映画館での妨害・いやがらせなど迷惑行為への対応を市民ボランティアで行う事には限界があること、市民ボランティア自体の安全の確保や、迷惑行為などへの対策費が準備されていないこと」など、安全面での懸念が理由としていた。
 >>>>

 地元だけに、観られるものならこの機会にと思い、午前11:00からの整理券を貰いに10分前に行った。既に100人近くが列を作っていた。報道のカメラやマイクを持った人々もいる。警察官2名がいる。アルテリオの座席数は90程(一部予約席になっているので実質80席ほど?)抽選発表は11:30予定が11:45、更に贈れて11:55。200人以上が並んでいたような気もするが、運よく抽選で当たった。上映は19:55なので、一旦図書館で本を借り、買い物をし帰宅。
 19:55頃からミキ・デザキ監督が通訳付きで10分ほど挨拶をした。表現の自由と言う、今日本が直面している大問題について、ちょっとNHKを皮肉る言葉も使いながら、その重大性を強調していた。

 インタビューを受けた人々の一部が、この映画では、自分たちの主張が歪められている、と言うような抗議をしているようだが、そうは思われなかった。むしろ楽しそうに、得意そうに(笑い顔からはそのように見えた)レイシスト発言をしている彼らは、誰がどうみてもレイシスト(他国民に対しての差別的な発言)の発言をしていることは間違いないからだ。根拠も示さずに~人は~なんです、と言ってのける。だが、監督は両側の主張をバランスを取って配置している、冷静であろうとしている、それでいて自分自身リベラルでありたいという姿勢は明確にしている。

 知らないことも、沢山あった。

 国家の犯した過ちについて。あのロナルド・レーガン大統領が1988年に戦時中の日系人を強制収容所に送り込んだことについて正式に謝罪し、現存者に限ってではあったが賠償金支払いを行ったことも扱われていた。
 教科書会社は政権に忖度し、慰安婦問題は教科書から削除されるようになっていた。河野談話以降は教科書に載っていたのに。だからインタビューを受ける若者たちは慰安婦が何か知らない。

 意見には賛成と反対があることは承知している。しかし、事実については賛成も反対もありえない。目を瞑って見えなかったことにするのか、辛くとも目を見開いて直視するか、それしかない。
 その第一歩として、慰安婦について興味のない人、知らない人には是非観て欲しい映画である。自分の身内がその慰安婦の一人だったらと想像しながら観て欲しいと思う。
 添付のチラシの映画館ではまだ観られます。
DSCN4467.JPG
nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

第18回 風景を描くペン画展-コートギャラリー国立 10/24-10/29 [youtube]



 今日は、国立のコートギャラリー国立へ、師岡正典さんの主催するペン画・コンマ13の会による『第18回風景画を描くペン画展』に行ってくる。
 『ペン画物語』と言う題名で、短編映画を作る予定だったが、それを中断し、別の方向で映像作品にするという計画変更を説明することも目的だった。別の作品用にいくつかの短いシナリオを書いたりしているうちに、『ペン画物語』を好い作品として仕上げることが現状では難しいと感じるようになってしまったのだった。方針変更は問題ないと言ってもらえたので一安心。
 さて、今回の師岡さんの作品について、強く感じたことがある。『深まる秋のため息』と言う作品は、第二会場の入口に設置されている。ビデオカメラで接近してみて分かるのだが、接近することによって描かれた奥多摩の小径に自分自身も入っていってしまうように、その空間を歩いているように感じられたのである。空気を描くことは難しい。それがペンだけで表現されている。懐かしい風景、なんとしてもとっておかなければならない風景、それが空気も時間も一緒に描かれているのである。静止した絵であるのに、対象の変化、時間の経過、光の変化なども感じられた。

 会場には、いつものように、ペン画教室の受講者の方々の作品が多数展示されている。10年以上描いている方もいて、着実に腕を上げていて、見ごたえがある。水彩をほどこした作品もある。

 ペン画、風景画にご興味のある方にお薦めです。

 場所:コートギャラリー国立 
     東京都国立市中1-8-32
     JR中央線国立駅より徒歩2分
 開催期間:10/24~10/29
        11:00am~18:00pm開催中。
        ※10/29のみ17:00pmまで

 どのような傾向の作品かは、モロペンアートのブログをご参照下さい。
 moro_penart@yahoo.co.jp
https://ameblo.jp/comma13/

nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

コラージュ作品を作ってみる [絵画]

20190916DSCN4460.JPGDSCN4461.JPG
 貯まっている新聞の整理をしていて、ふと広告に目がゆく。自分の気に入ったものは少ないが、それでもたまにおもしろいものが見つかる。大きさはばらばら。切り抜いて脇に置いているうちに、これは台紙に貼り付けるのも悪くないだろうと考えた。早速、梱包用に入っていた大きな発泡スチロールの薄い板に、貼り付けてみた。大小合わせて36枚の切抜きを貼り付けた。
 半年以上前に吊るしておいた雄鶏とっつあんとプロペラ飛行機が落下したので、設置場所を変えてみたら、以外に目立ち気に入った。モビールいくつかを作ってみるつもり。
 コラージュに使った記事の一つに興味深いものがあった。それは戦時下の英語表記の禁止である。
 コロムビア・レコード → ニッチクレコード
 キングレコード    → 富士音盤
 ポリドール・レコード → 大東亜レコード
 日本ビクター     → 日本音響
 シチズン時計    → 大日本時計
 ブルドック食品    → 三澤工業
 等等

 最近の「日本すごい」というナルシストのような自国賛美番組を見ていると、暗澹たる気分になってくる。自国中心的な価値観が感じられてしまうからだ。自分自身で凄いと言うこと自体が逆に、凄くないことを物語っている。能ある鷹は爪隠すであり、日本の美徳の一つは謙虚さである。常に謙虚、公正、公平でありたいものだ。  
nice!(34)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

劇団木馬座『ピーター・パン』より『インディアンの歌』 [劇団木馬座の思い出]

 このところ、書いたものの整理をしていたため、十分な時間がとれなかった。それでも、気分転換のために劇団木馬座を題材にしたYoutubeの作成をしてみた。記憶で曲をそのまま譜にしてみて、MovieMakerで編集をし、再生して見て、歌詞と楽譜がずれていることに気付く。慌てて、楽曲の編曲の訂正作業。それに30分ほど時間を取られる。音楽と歌詞があっているので、ほぼ間違いないと思う。冒頭のみ、印象的なので、恐らく余計な反復となっているけれど。
 この作品ではタイガーリリーは顔が銀色で、頭髪が青いので、個人的には抵抗があり、もっと美しいインディアン少女の仮面を作りなおしたほうがよいと思っていた。ピーターパンの初演制作には携わっておらず、再演の時の部分的小道具の作りなおしのみ行った。

nice!(37)  コメント(9) 
共通テーマ:アート

動画実験『審判 実験1』 [youtube]

 2年以上前から計画していた詩『審判』の立体作品。それを作ってみようと、重い腰をやっと上げたのが昨日。最後の法廷の場面を作ってみようと、まず、自分自身が坐っている椅子。割り箸を切って脚と背もたれ、ベニヤ板を切って座板を作る。木工ボンドで接着し、一日待つ。同様に自分自身を紙粘土で作る。粘土が柔らかく、もっと垂直に近かった頭が、すっかり俯いてしまったが、心理を良く反映しているので、そのままにした。こちらも乾燥するまで一日待った。
 今日は、傍聴席の蠍と蟷螂を作る。
 まだ、その他の傍聴人ができていないのであるが、試験的に撮影してみたくなったので、ビデオカメラ、背景用模造紙、電気スタンドなどを用意して撮影開始。
 映像を取り込み、編集。音楽は映像用に4月に書いておいたものがフォルダーにあったので、そのまま使用。

 時々、こういう実験的なものも撮っていないと、間隔感覚が鈍るような気がする。


 
nice!(36)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

映画『新聞記者』 [日記・雑感]

 そのページが、サイバー攻撃にあっているのではないかと言う話もでている話題の映画『新聞記者』を新百合ヶ丘のAEON CINEMA観に行った。114分、二時間弱の映画だが、緊張感を保って観ることができる好い作品だった。
 お薦めしたいので、予告編と上映館の情報を下記に。
<予告編>
https://www.youtube.com/watch?v=Mtn5pEGEC0w
<劇場情報・上映予定>
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=shimbunkishaa#area03

映画の中で内閣情報調査室の多田が言った「この国では民主主義は形だけでいいんだ」
東都新聞記者吉岡エリカの父の残した言葉「自分を疑え、自分を信じろ」の二つが非常に記憶に残りました。
インターネットで溢れる不確かな裏付けのない情報ではない、裏を取った正しい、吟味された情報を、勇気を持ってテレビや新聞社が報じてくれることを切に願います。頑張れ、ジャーナリスト。
 
 * * * * * * * * * * *
Dugway sheep incidentと言う事件が1968年にあったことを知り、早速wikipediaで検索してみる。この事件が世界的に不名誉な話題となり、当時の大統領Nixonが野外での化学兵器試験を禁止することを決定したそうである。
6000頭もの羊が死亡したが、その原因は神経ガスだった。

1925年のジュネーブ議定書(正式名称窒息性ガス、毒性ガスまたはこれらに類するガスおよび細菌学的手段の戦争における使用の禁止に関する議定書)の後、・・・・包括的禁止の観点からは不充分なものであった。これらの点を含めた包括的な制限は、1972年作成の生物兵器禁止条約と、1993年に作成された化学兵器禁止条約を待たなければならなかった。 (ウィキペディアより抜粋コピー)
nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

諸橋近代美術館他へ行く

20190619諸橋近代美術館ダリ展DSCN4447.JPG
 先週、火曜日と水曜日は福島へ。親戚より一度遊びに来てはどうかと言う誘いがあったため、二ヶ月以上前に計画を立て、兄弟4人が車で福島市までゆくことになった。折角福島に行くのだから、何か観光でもということで、弟があれこれ調べて、いくつか案を出してくれたのだが、その中で裏磐梯の諸橋近代美術館と五色沼などが候補に挙がり、計画の中に入った。運転をしてくれた弟は一ヶ月前から職場と日程調整。
 親戚の家は伏拝にあり、まず昼食をコーヒー&レストラン風の谷にて。席は一杯で、その八割以上が年輩の女性客。食事が終わってからも、お喋りをしている。ライブコンサートなども店で行われる、此の辺では一寸有名な場所のようだった。
 食後は親戚の家へ移動。二棟があるうちの一棟にはリードオルガンが5台置いてある。一番奥に置いてあるものは、かなり立派な物で、ストップが10個以上ついているイギリス製?中古の物を購入し、修理して使っているとのこと。ストップを引くことによって、音域が拡大したり上下転換したり。ハーモニカのようなリードで出している音とは思えないような立派な音色がしたので驚く。現在リードオルガンは需要が少ないため製造をしておらず、中古の取扱のみらしい。色々とリードオルガンの修理名人のY氏の話などをしてもらうが、私はビデオ撮影をしたりしていて、殆ど聴き取ることができなかったのが残念。お宅を去る前に、夫人がカッチーニの「アヴェ・マリア」を演奏。しっとりとした演奏で、とてもよい時間となった。
 夕方からは、福島駅前散策。阿武隈急行の駅があり、2両編成の電車が丁度発車するところ。それを撮る。
 その後は、街の古い雰囲気の漂う店、映画に出てきそうな花屋さん、木馬館というバー、煉瓦の建物等々を撮っておく。
 22:22頃に地震があり、山形と新潟が大きく揺れた。福島市も揺れたが、直ぐに収まった。
 翌日は8:15にホテルを出発。景色を眺めながら諸橋近代美術館へ。
 9:30の開館時に到着。平日の朝だったからか、他には3台の自動車が駐車場にあるばかり。入口にある橋と鉄の門を係りの女性が掃除していた。
 敷地内を川が流れる、と言うよりは川の流れている場所に美術館を建てたようで、建物に入るまではずっと川の流れる音が聞こえる。その音が心地よい。
 丁度4.20~6.23「幻想と驚異の”超”現実 シュルレアリスムとダリ」展が開催中だった。ダリだけではなく、キリコ、マン・レイ、デュシャン、ピカビア、エルンスト、ミロ、マッソン、マグリット、デルヴォーも見られたのがよかった。彼等が相互に影響をしあっていたこともこの展覧会で感じられた。
 美術館で1時間半過ごした後は、五色沼の毘沙門沼。大きな鯉に遭うことができた。雨が降り出したので、切り上げて帰途につく。
 
 DSCN4448.JPGこれらをビデオが撮れる範囲で撮影したものを、戻ってから編集し25分に纏める。このDVD作成のために、一枚の絵を描く。それが、このCheshire Catのいる定式幕で、場面転換(親戚の家、福島駅近辺散策、翌日)の時に使用している。
※Enrique様、ご指摘有難うございます。





nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

暫定的に打ち込んだ詩集『今日の心象スケッチ-第一集』を製本してみる [日記・雑感]

DSCN4437.JPG
 少しずつ、未入力の詩『今日の心象スケッチ』を打ち込んでいる。今日の時点で、合計77篇。44編でB5判40字×20行設定の書式で99ページになる。友人のN氏に送って感想を聞こうと考えたのだが、かさばることもあるので、分量を減らす為にA5判に編集しなおしてみた。フォントも10.5ptから9ptに変更してみたら、一寸した本のように見えてきた。そこでノートパッドの要領で、背表紙の部分に糊をつけまとめ、更に画用紙で表紙をつけて、そこには手書きで題名を書きいれ、水彩絵具、クーピーペンシルで色づけ。
 出来上がったのが、写真の本。たった一冊しかない本。昨年、従妹の詩集を2冊だけ製本し、彼女に1冊送り、私が1冊もつ、と言うことになったあの詩集のことを思い出した。あちらの方が、表紙に画像を貼り付けカラー印刷したので、出来はよかったと思うが。N氏は、作品に対して非常に敬意を持って接してくれる人なので、彼に相応しいと思う。

DSCN4438.JPG
 この口絵は詩集には関係はないが、私が文字で描く世界を反映しているので、何もないのも寂しいと言うこともあり、おまけとして貼り付けておいた。

DSCN4439.JPG
 本文はこのような感じ。

 190篇ほどあるので、日々こつこつ入力してゆかねば。入力は、重要な作業である。打ち込みながら推敲ができるからである。手帳に書いたままであれば、ただの原稿に過ぎないが、打ち込むことによって作品に生まれ変わる。原稿とは似ても似つかなくなった作品、あるいは発展版を書くことになった詩もある。
 体調、気分の良し悪しに関係なく、常に何かを書き続けていれば、その時には芽に過ぎなかったものが必ず後で実(=作品)として完成することができる、これが私が経験してきている。
nice!(33)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

『ピノッキオ』主題歌 [劇団木馬座の思い出]


劇団木馬座の頁を更新していなかったため、何度も更新するように案内がきた。ネタがなくなってきているため、音楽の更新は難しくなっている。
やむを得ず、とりあえず記憶している『ピノッキオ』の主題歌を録音し、写真と合わせてMovieMakerでビデオを作成する。

※youtubeは、画像が悪かった為、6/10に改めて写真を取り直し、差し替えました。
nice!(26)  コメント(5) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。