SSブログ
前の10件 | -

『オッベルと象』制作中

宮沢賢治作品の映像化、第8番目の作品『オッベルと象』は、牛飼いの台詞の録音を採り直しすることにしたため、録音は中断し進んでいない。それでも、紙人形作りは順調で、八割方作り上げた。どういう方式が、自分の描いている世界に近くなるのか、試行錯誤の連続。

※この物語では、牛飼いの語り(口調、言葉の選択など)に賢治のユーモアがよく現れているので、非常に重要だと思う。


nice!(16)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

銀河鉄道に乗って [youtube]


昨年11月に書いた曲に、映像を付けた作品。


nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

悪魔の誘惑 [youtube]

今年作った3分の映像作品。一人ですべてやっているので、こういう作り方には限界があると感じているが、それは工夫が足りないからと考えるべき。何とか、この状況を打破しなければ。
この作品は、大学生時代に書いた物語詩『悪魔の説教』のシリーズの一つとして今回考えた物語。
超能天気な男に、いつも裏切られている悪魔。この悪魔と男は、親友でもある。


nice!(16)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

森のアトリエ [youtube]

昨年書いた曲に合わせて、それ以前に撮っておいた映像を組み合わせた作品。
今書いている物語が完成すれば、やっと『オッベルと象』に取り掛かれるだろうと思っています。



nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

La mistera bando de la Besta Cirko不思議な動物サーカス団のジンタ [youtube]

昨年2022年末に作曲した『不思議な動物サーカスと団のジンタ』に映像を付け、Youtubeに公開しました。
劇団時代に、『ピノッキオ』の脚本に「遠くからサーカスのジンタが聞こえて来る」というト書きがあり、ジンタと言う言葉はこれで知りました。日本のサーカスのジンタと言うと、『美しき天然』が流れていたのだろうという印象を持っています。その印象とは全く異なる、曲を書いてみました。

nice!(33)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

『かしはばやしの夜』 [youtube]

一旦完成を諦めかけていた『かしはばやしの夜』が完成。昨年9月に録音と音のみの編集は終わていたのに、映像の方が納得がゆかず、半年以上寝かせることに。今回は、まな板のような板を舞台とし、その上に紙人形や背景画などを設置して、全面的に撮影をやり直した。作った紙人形も、いくつもボツになった。出来上がった作品は、当初想像していたものとは全く異なるものになった。


nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

宮沢賢治の『剣舞の歌』混成四部合唱 [youtube]



宮沢賢治の『月夜のでんしんばしら』の行進曲を単体で動画にしてみて、こういうやり方もやっておくべきかもしれないと思いました。そこで他の曲を見て見ると、『剣舞の歌』は賢治のオリジナルのようなのです。(作曲者名が記載されていません。作曲者が別にいる場合にはドボルザークとかグノーとか書いてあります。)早速、練習のためにfinaleを使って音源を作り、背景には『鰯の埋葬』を使って映像作品にしました。
賢治の曲と思われるものは、他にもありますので、映像作品にすることになるかもしれません。
nice!(33)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

『月夜のでんしんばしら』行進曲 [youtube]



楽譜作成ソフトfinaleに慣れるために、時々短い曲を書いている。それでもしっかりとした音で書きたいときは、相変わらずYAMAHAのXG Works STとVienna Instruments SEに戻ってしまう。Cubaseを購入すると決めたのは数年前・・昨年楽器店に行って話を聞いてきたのに・・
Movie Studioも使いこなしているとは到底言えず、練習中。今回は、既に仕上げている『月夜のでんしんばしら』から、行進曲のみをfinaleの搭載している音源で、混成四部合唱として編曲し作成。
nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

『星めぐりの歌』弦楽四重奏版 改訂版 [youtube]


一度公開したことのある『星めぐりの歌 -弦楽四重奏版』ですが、和声と奏法を少し変更しました。
できれば、多重録音で自分でも演奏してみたいと思って、パート毎に進行を見直しました。
nice!(20)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

『かしはばやしの夜』ー宮沢賢治作品に基づく映像作品 [youtube]



昨年、制作を開始していた『かしはばやしの夜』。いくつかの障害があって、中断していましたが、このままにしておくとそのままお蔵入りになってしまうので、全体23分ほどの作品を再編集し、4分半にまとめました。
『かしはばやしの夜』を読むと、浅草オペラを観た賢治は自分でもオペレッタを作ってみたかったのだろうと思われます。賢治の書いた歌詞には、私がすべて曲をつけ、それ以外にも序曲やらかしはの木大王の登場の音楽も書きました。自分で歌って録音してみましたが、お恥ずかしい限りです。やはり餅は餅屋なので、専門家に歌って頂くのが一番だと思います。そんなこともあって、中断しております。
恐らく賢治の別の作品に取り掛かることになりそうです。
nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -